【sqlserver】データベースのコピーを別名で復元する方法

SQLServerでデータベースのコピーを別名で復元する方法を解説します。
バックアップを取得しそのバックアップを元に別名で復元する、という流れです。

イメージ(左:SQLServerManagementStudio、右:エクスプローラー)

1.バックアップの取得

1.SQLServerManagementStudioを起動します。

2.コピーしたいデータベースを右クリックし、[タスク(T)]->[バックアップ(B)…]を選択します。

2の説明画像

3.[削除(D)…]をクリックして、バックアップ先として既に表示されているファイル名を削除してください。
※このファイルで名問題なければ削除する必要はありません。その場合4、5、6、7の操作も不要です。

3の説明画像

4.[追加(D)…]をクリックします。

4の説明画像

5.[…]をクリックします。

5の説明画像

6.ファイル名を入力し、[OK]をクリックします。

6の説明画像

7.[OK]をクリックします。

7の説明画像

8.[OK]をクリックします。

8の説明画像

2.バックアップを別名で復元

1.”データベース”を右クリックし、[データベースの復元(R)…]をクリックします。

1の説明画像

2.ソースの”デバイス”にチェックをつけ(①)、[…]をクリックします(②)。

2の説明画像

3.[追加(A)]をクリックします。

3の説明画像

4. 1項で作成したバックアップを選択し、[OK]をクリックします。

4の説明画像

5.[OK(O)]をクリックします。

5の説明画像

6.”データベース(B)”項の値を変更します。
すでにリストアされているデータベース名と同じ名前にはしないでください。
下記の例では、”Sample”から”Copy_Sample”に変更しています。

6の説明画像

7.”File”ページをクリックして表示し(①)、”復元先”項のファイル名が6項で指定した名前に変更されているか確認してください(②)。
下記の例では、”Sample.mdf”から”Copy_Sample.mdf”、”Sample.ldf”から”Copy_Sample.ldf”へ変更されています。

7の説明画像

8.[OK]をクリックします。

8の説明画像

9.これで、データベースのコピーを別名で復元できました。

9の説明画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です