正社員って本当に安定なのか?と思った

働き方

僕自身これまで正社員として勤めてきたのですが、その中で正社員って本当に安定なのか?と思う部分がよくあったのでそのことについて書いていこうと思います。今後考え方が変わることも十分にありうると思います。現時点で思っていることを書いていこうと思います。

正社員とアルバイトで在籍期間はあまり変わらないように感じた

僕は以前はお客様の職場へ常駐して働いていたことがあるのですが、その常駐先ではアルバイトで入っている方は入社して8年目とかだったのに対して、正社員として入社してきた方が3ヵ月で会社を辞めたりしていました。

アルバイトの方が基本的には人件費が少ないと思うので、少ない成果でより多く会社に貢献できる分雇用され続けやすくなるのかな、と思っています。

派遣元の自社でも役員とか管理職レベルの方々に関していえば入れ替わりはそこまで激しいと思いませんでしたが、入社して3~5年ぐらい経った社員は辞める人が多く、アルバイトの方と在籍期間はあまり変わらなかったように感じています。

正社員のほうが健康被害のリスクが大きいと感じた

言うまでもないかと思いますが、正社員の方が責任が重い仕事を与えられます。残業も増え、精神面や体調面での負担が大きくなる可能性が高いと考えられます。最近は働き方改革もあり比較的残業も少なくなってきているようにも感じますが・・・。

僕自身の会社員生活の中でうつ病になった人や脳出血になって未だ社会復帰できていない人の話を聞いたりしましたが、いずれも正社員雇用の方でした。

正社員は解雇要件が厳しくても、退職勧奨されたりすると思う

この記事を書いている2020年7月時点では、正社員の解雇要件は厳しいと思います。しかし、会社から不要と思われれば退職勧奨されると思います。

聞いた話ですが正社員だった方で会社の人事通知では退職の扱になってるが実質的には解雇だったという方がいましたし、僕自身顧客からのパワハラの影響で仕事への意欲が湧いてこず業務の効率が著しく落ちていたときにやんわり転職を催促されたこともあります。

僕はその時は会社を辞めませんでしたが、こういうことをされると普通は会社を続けようという気にはならないと思います。

※その後自分の業務がうまくいき始めた途端に今度は自社の上司から業務の妨害やパワハラをされて会社を辞めました。
パワハラの対処方法は相談するに限ります。このことについては下記の記事に詳しく書いています。

とはいえ、正社員の方がやりがいがある仕事を与えられるとは思う

アルバイトの人の場合だとそれこそ単純作業の繰り返しのような仕事を与えられることもあると思います。派遣社員とかでもありうる気はします。

それに比べれば、正社員の方がやりがいのある仕事は与えられやすいのかな、とは思います。

安定とは話がそれてしまいました。

世間体が気になったりプライドがあるなら正社員のほうがいいと思う

世間体が気になったりプライドがあるなら正社員の方がいいと思います。

これも安定とは話がそれてしまいましたが・・・。

正社員だから安定、非正規だから雇用が不安定というわけではない

雇用の安定という観点から考えると正社員だから安定で非正規だから不安定、ということはないと思います。

正社員だろうが非正規だろうが会社の役に立てれば重宝されるはずです。

以上、本記事では「正社員の安定」という観点から書いてみました。個人的な偏見が含まれている可能性も大いにあると思うので参考程度にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました